福田 奈緒

誰にでも一途に向き合って、
求職者・法人・チームを支える。

株式会社TS工建
メディカル事業部

福田 奈緒

Fukuda Nao

子ども服の販売員を経て2016年株式会社TS工建へ入社、神戸支社へ配属。医療WORKERのキャリアアドバイザーとして看護師向けの人材紹介に従事する。2019年4月、売上実績とマネジメント力が認められ、大阪本社へ異動になると共に主任職に着任。“目の前にいる人にどこまでも真剣に向き合う”その姿勢から、法人や求職者からの信頼も厚い。

「相手の背景まで知ったうえで、人と人とを繋げたい」その一心で人材業界へ。

人材業界での営業職を目指した理由を教えてください。

前職は子ども服の販売をしていました。営業職で内定をいただき、まずは現場のことを知るために販売員からのスタートだったのですが、気付いたら2年近く販売員のままで...。元々営業職志望というのもあったんですけど、販売職を続けるうちにもっと相手の背景に踏み込んで提案できる仕事、尚且つ人と人を繋げられる仕事をしたいと考えるようになりました。
そんなときに友人と食事をしていたら「絶対人材業界が向いてると思う」と言われたんです。「奈緒は自分のことよりも人のためにやる性格やから、人材やった方がいいんちゃう?」と言われて、そこで人材業界に興味を持ちました。

数ある人材紹介会社の中でTSグループを選んだのはなぜですか?

転職活動中に大手の人材紹介会社はBtoB、BtoCと事業部が分かれていることを知り、それって本当にその人の背景を理解してその人に合ったものを提案できているのかと疑問に感じていました。その中でTSグループの説明会に来たとき、“*一元管理体制”に惚れ込んだんです。求職者の背景や思いを聞いて、同時に法人の悩みを聞いてお互いを繋げていく。それこそが私の仕事になるんじゃないかと考えたら「あ、ここしかない」と思って入社を決めました。

*一元管理体制...求職者・法人を同じアドバイザーが専任で担当する仕組み。求職者・法人でアドバイザーが違う場合にくらべて入職後のミスマッチが起こりにくい。

実際に働き始めていかがでしたか?

販売しか社会人経験がなかったので、名刺の渡し方や挨拶、電話のかけ方、すべて初めてで想像とは全然違っていました。電話をかけても「仕事探してます」と言われたら「わかりました、すぐに探します」って切ってしまって、何も背景聞けてない!みたいな。パソコンも全然使えなくて電源もどこにあるか分からないくらいだったんです。配属は神戸支社だったんですけど、当時いた先輩全員に「やばい、とんでもないやつ入ってきた」と思われていました...苦笑。本当に何もできなくて、結局3ヵ月間売り上げもないというボロボロのスタートでした。求職者との面談だけはたくさん組んでいたのですが、そこから面接にお連れすることが全くできなくて。
そのとき当時の上司から「面談ではなく、もっと法人に出向いて病院や施設のことを知ってきた方がいい」って言われたんです。その辺りですね、仕事が分かってくるようになったのは。

まず法人を知ることが必要なステップだと見抜かれたんですね。

はい。そこからは月に5件以上の法人へ訪問していました。いろんな法人の悩みを聞き出すことで「この法人はこういう求職者が欲しい」というのが分かってきたんです。そうするとそれぞれの求職者に合った求人もスムーズに提案できるようになってきて、これこそが私のやりたかった“一元管理体制”の仕事だと感じました。あと、電話で求職者と話しているときの言葉を先輩が一言一句聞き取ってくれて、今の違う、もっとこうするべきってアドバイスをくれるようになったんです。そのアドバイスをそのまま実践することをひたすら積み重ねた結果、もっと良くなっていきました。めちゃくちゃ負けず嫌いなので、私もこれはどうしたらいいんですか、これはああなんですかって食らい付いて聞きに行っていましたね。言われたことをやるだけではなく、やっぱり自分で掴みに行かなくちゃいけないとも思っていたので。仕事ができるようになるまでは、先輩の言うことを聞いて自分の意見も伝えて、間違っていたら訂正してもらって...をすごく繰り返しました。
その結果、次の3ヵ月で売上を1000万円上げられて敢闘賞もいただきました。同期が売上を上げている中、自分が0という期間はしんどかったですけど...ちゃんと努力したら絶対花が咲くと信じて仕事を続けて本当に良かったなと。

福田 奈緒

新人時代、先輩たちに支えられたように、自分も同じように後輩を支えたい。

紹介者の大澤さんから「圧倒的な売上を出していて周囲からの評価も高い」と伺っていましたが、そのようなイメージからは意外なお話ですね。

最近の後輩たちからは「そういうところを想像できない」とよく言われるんですけど、当時は毎日泣いてましたね。ただ、指導してくれた先輩には本当に支えてもらったんです。売上を1つでも2つでも持って帰ってきたら「ありがとう」って言ってくれる。私の売上が上がらなければ先輩が怒られる。師弟関係じゃないですけど、気付けばその先輩のために数字を上げなきゃって思っていました。それが結果的に神戸支社全体に広がって「もうちょっとや、頑張ろう」という雰囲気になっていったのも嬉しかったですし、私を見捨てずに育て上げてくれた当時のメンバーには感謝しかないですね。逆に、それだけしてきてもらったからこそ、私も今そうやって下の子達を支えてあげたいと思っています。

大阪本社に異動になり、この4月から主任職に就かれたとのことですが、仕事において心掛けていることなどはありますか?

神戸にいたときからなのですが、おはようとかお疲れ様とかどう?とか、何でも良いんですが1日1回は必ず全員と喋るようにしています。あとは先ほども話したように、私が先輩にしてもらったことを後輩たちにもするのが当たり前だと思っているんです。
だから、絶対に見捨てないし見放さないし最後までやらせる。苦労してる子の方が多いとは思うんですけど、「この子はどういう子なんだろう」というのは分かった上で付き合いたいし、それぞれに合った話し方などは常に考えているので、“悩みを聞く役割”になれればいいなって。会社の保健室みたいな存在になりたいんですよね。上司に相談ってなかなかしづらいじゃないですか。抱え込んでしまうタイプも多いと思いますし。でもそういうときに「福田のところに行こう」って駆け込んでくれるような存在になれればというのは意識して仕事をしていますね。

福田 奈緒

一番であるために、誰より楽しく働いて、誰より努力をし続ける。

仕事において、これからの目標があれば教えてください。

恥ずかしいんですけど、「TSイチ輝いている女性でいたい」、ただそれだけです。笑 負けず嫌いなのはずっと変わらないので、一番目立っていたいんです。笑 じゃぁどうやって目立つかっていうと、営業は数字で目立たなきゃ意味がない。だから誰よりも努力し続けている女性でいると同時に、一番楽しそうに仕事をして一番雰囲気を盛り上げられるような人でありたいなと思っています。上が楽しそうじゃないと下は付いてこないですし。「やっぱり福田なしではあかんわ」って言われるような存在でありたいですね。

ありがとうございます。最後に、福田さんが「この人すごいな」と感じる方を紹介してください。

京都支社で同じく看護師の人材紹介をしている伊藤隆弘さんです。入社当時、京都と神戸で親交があってよく仕事に対する思いや悩みを語り合っていたのですが、いつの間にか雲の上の存在のような数字を上げるようになっていて。ほかの営業とは全然違う、“不動の伊藤”です。頭が良くてクール、なのにめちゃくちゃ負けず嫌いで常に数字を追い続けている姿は本当に尊敬しています。

編集後記明るく楽しそうに仕事の話をする姿が印象的な福田氏ですが、新人の頃は「辞めた方がいいのかも」と悩んだこともあったそう。先輩のサポートと元来の負けず嫌いな性格でそれを乗り越え、「してもらったことを後輩にするのは当たり前」と語る姿に、社内・社外問わず信頼される理由が垣間見えました。

役職・肩書は2019.5.24取材当時のものです

福田 奈緒