伊藤 隆弘

「ありがとう」を追求すれば、
めぐり巡っていい結果へと繋がる。

株式会社TS工建
メディカル事業部

伊藤 隆弘

Ito Takahiro

時代劇の役者を経て2016年株式会社TS工建に入社、京都支社に配属。医療WORKERのキャリアアドバイザーとして看護師の人材紹介に携わるとともに、2019年4月からは主任としてチームを牽引。現在はプレイングマネージャーとして後輩の育成にも力を注いでいる。

法人担当、求職者担当で分かれていない一元管理だからこそ感じる感謝の気持ち

TSグループを選んだ理由は何ですか?

TSグループを選んだ理由は大きく2つあります。
1つ目は、休みがしっかりあるので家族との時間を大切にできると感じたからです。前職は時代劇の役者をしていまして、祖父と祖母と一緒に住んでいたので、何かあった時にすぐに動けるようにというのと、もし離れて暮らすようになっても会いに行ける時間を作ってあげられるなと。
2つ目は、頑張ったら頑張った分、きちんと評価をしてくれるという点に魅力を感じました。

入社して感じたTSグループの良さを教えてください。

一人のアドバイザーが法人とも看護師ともやりとりを行う一元管理体制なので、win-win-winの関係性を築きやすい点ですね。
求職者である看護師さんのことを一番知っているのはその看護師さんを対応しているアドバイザーです。一元管理体制はマッチングのズレが生じづらいですし、法人、看護師双方への入職後のフォローも非常に行いやすいです。大変なこともありますが、法人と看護師の双方から「ありがとう」をいただけること、そして、頑張ったら頑張った分をしっかりと評価してくれる会社なので、売上を上げたことに対する会社からの感謝の気持ち。法人、看護師、会社の三方からの感謝を生身で感じられるというのはTSグループならではの良さです。

仕事で印象に残っているエピソードはありますか?

新人の頃に担当した看護師さんから3年ぶりに連絡があり、「スキルアップをしたいので、また転職サポートをお願いしたい」と。さらにそこからご友人やお母様、お祖母様の転職サポートもお願いしたいと言われたときは、「この仕事をやってて良かった」と心底感じました。
離職率が高いと言われる看護師業界で、長く働ける職場を紹介できたことがまず嬉しかったですし、人生の大事な転機で自分のことを思い出してくれたこと、さらには大切な方々までご紹介いただけたことに対して本当に嬉しく思いました。

伊藤 隆弘

「ありがとう」を追求することで結果がついてくる。

紹介者である福田さんから、「雲の上のような数字を上げてくる営業」と伺っています。数字を上げる秘訣とはなんでしょうか。

法人と看護師の「ありがとう」を追求し、目の前にある仕事をちゃんとやることですかね。当たり前のことを当たり前にやれば数字はついてくると思っています。
新人時代は対話も苦手で電話でのヒアリングさえ満足にできなくて丸2年はもがきました。ちょっとずつ数字を上げはじめても上ばっかりを見て、そこに到達するには何をしたらいいのか試行錯誤もしましたが上手くいかず…。「自分は自分、人は人」と比べないようにしてからは吹っ切れて、そこから数字が上がり始めました。誰のおかげで今の自分があるのかについて考える時間を作ると変わるのかなと。周囲に対する感謝を日々忘れずに過ごすことがすごく重要だなと感じています。あとは、後輩を引っ張る上で自分が常に高い売上を出しておかないといけないという気持ちですね。

営業という職種の特性上、辛い部分もあるかと思いますが、伊藤さんを突き動かす原動力は何でしょうか。

一つが原動力というよりは後輩の存在とやはり上司や先輩の支え、周りを取り巻く全ての人たちが力になっている気がしますね。
承認欲求が強いんやと思います。法人や看護師さんからの「ありがとう」、先輩や後輩からの「ありがとう」。僕はそのありがとうが欲しいがために何ができるかと考えるので、欲しすぎてたまらんのやと思います。あとは、看護師さんの幸せのためにとか法人の幸せのために、という思いは心の奥底に常に持っています。

キャリアアドバイザーという仕事の醍醐味をぜひ教えてください。

色々な人からの感謝を感じられることですね。「ここは本当に感謝が飛び交っている現場やで。楽しくなってきたら、数字があげられるようになってきたら分かるから」と上司や先輩から言われ続けてきましたが、やっとその言葉の意味を実感できるようになりました。法人、看護師さん、上司、後輩、色んな人からの「ありがとう」があるからこそ、キャリアアドバイザーの仕事を続けられています。
キャリアアドバイザーの仕事は、就職のサポートに加えて法人開拓も行うのですが、競合他社がひしめくなかでの法人開拓は難易度が非常に高いです。ですがその分、紹介会社を一度も利用したことのない法人から「医療ワーカーさんだけと取引をする」と言われたときの達成感はものすごく大きいものがあります。難しい状況下でいかに新しい取引先を開拓していくかというのも醍醐味というか営業の面白みですね。

伊藤 隆弘

上司や先輩のおかげで「今」がある。だからこそ、次は後輩へ。

今後の展望をお聞かせください。

自分ともう一人の主任で支社長を支え、サブリーダーや後輩には背中で見せる、数字も上げながら下の子も育てられる最強のプレイングマネージャーになることです。営業未経験の僕をここまで育ててくれたというのが第一にあるので、上司や先輩からいただいた恩を今度は自分たちが後輩にしてあげたいと思っています。営業未経験で入ってくる僕みたいな子はいっぱいいるので、そういった子達をいかに僕よりも早く楽しいと思えるキャリアアドバイザーにできるか、安定した数字を上げられるような後輩を輩出できるかが今の目標です。

ありがとうございます。最後に、伊藤さんが「この人はすごい」と感じている方について教えてください。

同じく京都支社で主任を務めている辰村政晃さんです。辰村とは、歳が近く入社時期も同じぐらいなので、営業成績も追いつけ追い越せとやってきましたし、しんどい時も二人で乗り越えてきました。戦友でありながら親友に近いところもあるという感じで…。営業のスタイルも違えば後輩への指導の仕方も違うのですが、辰村の指導している姿や言葉の言い回しはものすごく勉強になっていて、尊敬している部分の方が大きいですね。自分のやり方を確立していて、とにかくすごい。スーパー営業マンやと思います。

編集後記自身がどう立ち回れば自分だけでなく周囲も円滑に仕事ができるか、というのを大切にしているという伊藤氏。他者を思いやる気持ち、感謝の思いが人と人の絆を強くし、素晴らしい結果へと繋がっていくのだと感じたインタビューでした。

役職・肩書は2019.7.9取材当時のものです

伊藤 隆弘